尼崎AMPIもっこう教室

活動日:2013年7月24日(水)、25日(木) 10:00~15:30
行事名称:尼崎AMPI 「森の木工教室」
開催場所:尼崎市 近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)

参加者:一般参加者/1日目87名、2日目72名、計159名

スタッフ(敬称略):今府、中村、前田、辻井、宮内、福田(正)、福田(智)、岸本、樫木、森本夫妻(両日)
荒川、五島、森(1日目のみ)、小野(2日目のみ)

天候:晴れ

活動内容

  • 今年も、尼崎の近畿高エネルギー加工技術研究所(AMPI)で、恒例の「森の木工教室」が開催され、ひょうご森の倶楽部から多数のスタッフが参加して協力しました。
  • 参加者は、2日間の午前と午後の4班に分かれて合計159名に上り、夏休みの小学生を中心に、木工細工やウグイス笛作り、葉脈標本作りを楽しんでもらいました。
  • 参加者それぞれ、自分だけのお気に入りの作品を仕上げて、満足そうな顔を見せてくれました。中には、ノコギリで材料を切ることに「はまって」しまい、夢中になる女の子もいました。
  • 会場では、レーザー光線で鉄板を馬の形に切断するデモンストレーションもあり、子供たちも真剣な目で見つめていました。
  • 外はうだるような暑さでしたが、エアコンの効いた研究所の中の会場で、快適な「森の木工教室」でした。