加古川市弁財天山活動地 8月の活動

暑い中にも季節の進みを感じながらの作業

活動日:平成29年8月19日(土)
参加者:9名
天 候:晴れ

 日中はまだ暑い日が続いていますが、お盆を過ぎ朝夕は少し涼しさを感じる日が出てきました。いつも駐車場として使っている道沿いの草を先月刈取りましたが、1ヶ月たつと刈った跡がわからないほど草が伸び、再度刈り取りを行ないました。
集合場所の草刈り

集合場所の草刈り

 本日の作業は、活動地B周辺の除伐、下草刈りと山内の歩道上の草刈りです。まずは活動地への入り口。用水路に架けている橋が隠れてしまうほどに蔓、草が茂って出入りがしにくくなってしまっています。その後は活動地Bの集合場所から北に向かって広がっている場所(歩道含む)と、活動地Bから活動地Cへ向かう坂道中心に行ないました。この付近は背の高い木が多く、鬱蒼とした感じになっています。作業中に大きな木の切り株を見つけたO.Yさんが、早速それにナタで切り込みを入れ始めました。代る代る3人が鋸を引き、O.Y.さんがナタを入れます。出来上がってみるとそれは椅子に変身し、平らな座面には適当な隙間があるので、風がお尻の下から当たりすわり心地の良い椅子に仕上がっています。

活動地Bに入る

活動地Bに入る

活動地入口の草刈り

活動地入口の草刈り

草刈り後の活動地入口

草刈り後の活動地入口

活動地Bの整備

活動地Bの整備

昼休みの椅子づくり

昼休みの椅子づくり

出来た椅子の初座り

出来た椅子の初座り

 ここ弁財天山では、朝から気温は高くなっているものの、山の中で汗をかいた体に当たる風は真夏の風と違って、スッと気持ちよさを感じる風になってきました。鳴くセミの声も変わってきていて、ツクツクボウシとミンミンゼミ、季節の進みを感じます。とは言うものの、午後の作業はきつく通常の終了時間よりも30分程度早めの終了としました。14時過ぎの気温は木陰でも33℃を超えていました。

昼の集合

昼の集合

14時過ぎ33℃超え

14時過ぎ33℃超え

 今月の自然:5月から報告している駐車場傍らの綿畑、花は咲いていましたが雑草が茫々、一方、用水路傍らの農家の綿畑は雑草がほとんど生えておらず、花も生き生き。手入れの違いが歴然としていて、まるで、我々のBeforeとAfterの差です。ミヤマウズラが咲いているはずということで、活動地Cからビューポイント1の間にミヤマウズラを探しに行きました。内緒ですが、群生と言っていいほどたくさん生えています。咲くにはまだ早いようでほとんどは蕾、中に薄桃色に開きかけているものが見つかり、感激です。秋には真っ青の実が映えるクサギが白い花を咲かせていました。他に、両手ぐらいの大きさの白いボタンイボタケの仲間、アベマキのむろの樹液にスズメバチ。スズメバチは2箇所にいました。朝のミーティングではマダニとヤマカガシに注意しましょうと話がありましたが、良く見かけるスズメバチはやはり怖さを感じます。触らぬ神に祟りなし、そっと写しました。

農家のワタの花

農家のワタの花

ミヤマウズラを探す

ミヤマウズラを探す

ミヤマウズラの蕾

ミヤマウズラの蕾

クサギの花

クサギの花

ボタンイボタケの仲間

ボタンイボタケの仲間

アベマキの樹液にスズメバチ

アベマキの樹液にスズメバチ

 来月は9月16日(土)、通常の除伐、下草刈り作業の予定です。