三木市三木山活動地 8月の活動 (定例活動日)

処暑

活動日 :2017年8月26日(土)
天   候 :晴れ
活動時間:午前10時-午後2時30分
参加者 :10名(会員10名、会員外0名)
活動内容:実生松の間引き作業、夏の花の観察

倶楽部の行事などが重なって参加者が10人と少なかったこともあり、動力
機は使用せず、オーソドックスに手鋸と剪定挾で、アカマツ尾根の実生松
の間引き作業を実施しました。
処暑が過ぎて、ツクツクホウシが鳴いていても暑さは続いており、早めに
作業は終了して、夏ならではの花々の観察を行いました。

次回以降の予定は、次のとおりです。
   9月 8日(金) 追加活動日:植物の調査・観察と、育苗畑の軽作業など
   9月23日(土) 定例活動日:アカマツ尾根の実生松の間引き作業など

   
アカマツ尾根に密生している実生のアカマツを間引きして、大きく育てる作業です。 早めの作業終了後、公園のススキ草原のナンバンギセル(南蛮煙管)を観察しました。
   
1年前に北の谷に種をまいたヒヨドリジョウゴ(鵯上戸)が花を咲かせています。 こちらは育苗畑で育成中のキガンピ(黄雁皮)の花。