多可町八千代区楊柳寺活動地 2月の活動

間伐の掛り木に負けず、間伐は続く・・・

活動状況

活動日時   :2018年2月3日 10:00~15:00
参加者 :ひょうご森の倶楽部員 8人
天候 :曇

■■今日の作業は間伐と徐伐■■
 天気が気になる日でした。空はどんより曇り、雪がチラついたり、小雨が降ったり、風が無かったので寒さはそれほど感じませんでした。昼食の間に体が冷え、寒くなったので予定より30分早く午後の作業に入りました。
前回の間伐同様、掛り木に悪戦苦闘、Iさん持参の木回しベルトが活躍しました。

数年前に皮むき間伐したヒノキを伐倒して木の腐り具合を見ました。半分ぐらい腐り芯はまだ固く残っていました。何年ぐらいで自然に倒れるのか追跡調査します。
手鋸でも丁寧な徐伐作業も行いました。
作業が終了時、みなさんの作業で森が明るくなったと感じました。

ロープを掛けて伐倒

ロープを掛けて伐倒

掛り木

掛り木

木回しベルトが活躍

木回しベルトが活躍

やっと倒れ、玉切り

やっと倒れ、玉切り

皮むき間伐の木の伐倒

皮むき間伐の木の伐倒

丁寧な手作業の徐伐

丁寧な手作業の徐伐

■■檜皮とり■■
朝から原皮師(もとかわし)が今回も1人来られていました。作業地に移動する時に鐘楼の近くで見かけたので写真を撮りました。間近で見学ができ、ヘラの材質を聞くと「カナメモチ」とのことでした。前回は2010年9月の写真があるので7年ごとに作業をされているようです。

原皮師の檜皮剥き

原皮師の檜皮剥き

ぶらさがっているものは何?

ぶら下がっているものは何?

■■これはなんでしょう?■■
蜘蛛の糸に絡まったどんぐり。空中に止まったように見えました。帰りにもまだありました。後何日蜘蛛の糸で繋がっているのでしょうか?1ヶ月後が楽しみです。

■■次回活動日■■
3月3日(土) 10時から 間伐作業の予定。