加古川市弁財天山活動地 6月の活動

梅雨の合間の快晴、さわやかな天候の下での作業

活動日:平成30年6月16日(土)
参加者:8名
天 候:快晴

 梅雨の期間中とは思えない快晴で、しかもカラッとしたさわやかな風の日となりました。
 B活動地に入ってみると、地面にクリの雄花がたくさん落ちています。雄花の付け根には小さなクリのイガのような雌花が付いているとか。上を見上げると、雌花は見えませんが、木々の葉が太陽の光を反射してキラキラと光っているように見えます。
 本日の作業は、先月に引き続いてB活動地からC活動地へかけての除伐作業。桜を邪魔する木、枯れた桜、混み入った木は多少太くても除伐しました。長い間手が入っていなかったこともあって、背の高いウルシがたくさんあります。先月のかぶれがまだ十分に癒えていないメンバーもいます。気をつけて扱わねばなりません。

たくさん落ちているクリの雄花

たくさん落ちているクリの雄花

除伐

除伐

 昼休憩時の気温は23℃。湿度が低く、気持ちのよい休憩時間を過ごせました。先月植えたクルミも葉を大きく広げてしっかりと根付いていることが見て取れます。作業終了時には、さすがに暑さを感じる気温(26℃)になりました。
11時の休憩(活動地Cの標識)

11時の休憩(活動地Cの標識)

昼の集合

昼の集合

元気に育っているクルミ

元気に育っているクルミ

 今月の自然:集合場所近くの野イチゴの赤い実。野イチゴもいろいろあるようで名前はわかりませんが、食べられると教えられて口に入れました。甘酸っぱくて美味しいものです。クチナシの白い花が咲いていました。蕾もあるので、これからもっと咲いて、橙色の実になる頃が楽しみです。昼休み、2頭(言いにくいので、2匹)のアゲハチョウがもつれるように飛んで、クリの葉のところで一つになったようにも見えました。アゲハチョウのランデブー(^○^)。杭からの芽吹き。C活動地に向けて3月に修復完了した階段を登って行く途中で、芽吹いている杭が3本ありました。横木を止めるために打った杭からの芽吹き、挿し木ならぬ挿し杭?生命力を感じます。先月報告した綿畑、黒いシートの穴から伸びて葉を広げていました。毎月の成長を見るのが楽しみです。

野イチゴの赤い実

野イチゴの赤い実

クチナシの白い花

クチナシの白い花

アゲハチョウのランデブー

アゲハチョウのランデブー

杭から芽(挿し木?)

杭から芽(挿し木?)

芽を出していたワタ

芽を出していたワタ

 

 7月の活動日は21日(土)。活動地Cの除伐と下刈りを行ないます。梅雨も明けて、本格的に暑く、湿度の高い中での作業となることが予想されますが、皆さんの参加をお待ちしています。