加古川市弁財天山活動地 9月の活動

9月なのに蒸し暑いなかでの作業

活動日:平成30年9月15日(土)
参加者:4名
天 候:曇り

 朝方まで降っていた雨も何とか上がりましたが、集合時刻の10時前には少しぱらつき、気温27℃で蒸し暑い日となりました。降水確率50%/50%で、いつ降り出すかわからないような天気のためか、参加メンバーは4人でした。
 今年は9月になっても気温の高い日が続いた影響で、例年この時期には道中の畦に見られる彼岸花が目に付かず、集合場所の傍らの畑の畦にやっと見つけることができる程度です。用水路の溜りでは若者が釣りをしていました。釣った魚は戻すとのことです。

彼岸花

彼岸花

釣り人

釣り人

 山の中に入ると、先日の台風21号の風により落下したと思われる木の枝が目立ちました。また、ツクツクボウシの鳴き声が先月よりも大きく聞こえます。活動は先月からの続きで、活動地C手前の除伐を行ないました。湿度が高く、地面も濡れていて体を動かしにくい環境でした。最近よく降った雨のせいか、たくさんの種類のキノコが生えていました。
除伐①

除伐①

除伐②

除伐②

除伐③

除伐③

 昼休み、体の周りをチョウが舞い、作業服の胸にとまりました、体を動かしても逃げません。ハート型のバッチです。汗と露で濡れた作業服の「樹液」を吸っているのか、遊歩道沿いの濡れた幹にとまっていたチョウかもしれません。

濡れた作業服にチョウ

濡れた作業服にチョウ

濡れた幹にチョウ

濡れた幹にチョウ

 気温は昼休み、終了時ともに集合時と同じ27℃で、蒸し暑い中での作業でしたが、終了間際には少し風が出てきて、ホッとして作業を終えました。
 今月の自然:集合場所からB活動地入り口までの用水路沿いに、クズの花、タラノキの花。森の中では、ミヤマガマズミの真っ赤な実とクサギの真っ青な実が、曇り空ですが、それなりに映えていました。クチナシの実はわずかに色付き始め、落ちていた実はちょっとたくあん色に色付いていました。遊歩道沿いにはたくさんのキノコが生えていたので、T.M.さんのガイドで「きのこ観察会」。傘が開いていない深紅のベニイグチ、傘が開いて少し色が薄くなったベニイグチ、白いカビや黄色のカビが生えたようなベニイグチ、おおきなものでは傘の長径約19cmのものも。ほかに、キイロイグチ、菊の花に似ていると教えられると記憶に残るキクバナイグチ、柄の美しいセイタカイグチ、触るとヌルッとするヌメリイグチ、脳に似たノウタケ。食べられるキノコもあるようですが、うかつに食べない方が良いとのこと。毒キノコのオニタケも生えていました。

タラノキの花

タラノキの花

ミヤマガマズミの実

ミヤマガマズミの実

クサギの実

クサギの実

落ちていたクチナシの実

落ちていたクチナシの実

ベニイグチ

ベニイグチ

キクバナイグチ

キクバナイグチ

 10月の活動日は20日(土)。秋の訪れを感じることができると思います。クリはまだ拾えるでしょうか?皆さんの参加をお待ちしています。