赤穂市西有年活動地 10~12月の活動

「赤穂義士祭」で「竹灯り」の制作

 忠臣蔵ファンの聖地と言われる赤穂市では、赤穂浪士たちが討ち入りを果たした12月14日を記念して「赤穂義士祭」が盛大に行われます。
 赤穂市西有年活動地の有志は『自分たちの街は自分たちで明るく照らそう!!』のコンセプトに賛同し、市内ボランティア団体と共に「竹灯り」イベントを行うことにしました。
 企画、制作は「㈱ちかけん」が中心となり、ボランティア団体は竹材料の調達や制作の支援を受け持ちました。使用した竹は300本。10月21日から市内3カ所の放置竹林から主に西有年活動地の有志が伐り出しました。制作に延300人が関わり、使用LEDは10,000個でした。
 竹の伐り出し時期に二つの台風が襲来し、多数の竹の加工や制作にたいへん苦労しましたが12月9日(土)の点灯式を迎えられてホットしています。点灯は12月14日までの17時~21時に行います。ぜひ見に来て、楽しんでください。