たつの市福田活動地 1月の活動

福田の里のトンド立てと嶽ケ端地区の森林整備

活動日時    2018年1月7日(日) 9:00~15:00
参加者   森の倶楽部員11名 福田の里人多数
天候   快晴

新年初めての森林整備活動

 昨年、頂上部と山裾部より整備を続けてきた嶽ケ端地区の森、整備対象外の森が右端に少し有ります。
 整備の効果が現れた事と、落葉樹が葉を落としたことにより、明るく風の通る森に成ってきました。
 残るは、左端の嶽ケ端先端に残る常緑樹中心の森と整備地区に残る常緑樹の更なる除伐です。
 
活動予定地

活動予定地

福田の里のトンド立て

 里人達の1年の無病息災を願い、福田の里でも小正月の1月14日に「トンド」が行われます、今日は里人総出で14日に焼きますトンドを立てました。
 「ひょうご森の倶楽部」も呼ばれて、朝一番の竹の骨組みから始まり、竹組の中への薪等の可燃物を組み込み、最後に藁のハカマを子供達が巻き付けて完成します。
 この間に、昨年刈取り乾燥させておいた稲わらを縄に巻き付けてハカマを作ります。

福田の里からのお接待と懇親会

 トンド立ての休憩時には、美味しい「お善哉」のお接待を頂きました、倶楽部員が田圃の畔に座り込んで舌鼓を打っています、あまりに美味しいのでお替りのおねだりをする倶楽部員もいるほどです。
 トンド立て完了後、トン汁とおにぎりを頂きながら里の方々との楽しい懇親会のひと時が過ぎていきます。
 最後はビンゴゲームにも参加、倶楽部員の皆様も景品を頂いてご満悦です。
 
ゼンザイのお接待

ゼンザイのお接待

森林整備活動

 午後は、先月からの森林整備活動の続行。森というよりも崖と言った方が適当な岩肌がむき出しになった急傾斜地の除伐作業です。
 更に大量の蔓にも絡まれて、立木数本以上がひとつの塊に成っており「枝掛り」どころの状態ではありません。安全を確保しながら少しづつ除伐を進めていきます。
 奮闘の甲斐あって、活動終了前には崖の先端の危険木以外はほぼ除伐を完了しました。

 来月は、この危険木の処理と水路上に張り出した桜の太い枝数本の処理、更に整備途上に残された常緑樹の処理です。

2月の予定

嶽ケ端の西北斜面・用水路上の森林整備の継続。
整備後の場所に残っている常緑樹の強度除伐。