たつの市福田活動地 6月の活動

麦秋の候、森林整備開始

活動日時    2018年6月3日(日) 9:30~15:30
参加者   森の倶楽部員7名
天候   快晴

6月初めの森林整備活動ファーストステージ

 梅雨入りも近い麦秋の候、田植の準備に忙しい田、麦が豊かに実っている田と、里の営みが気持ちよく動き出しました。
 梅雨入り前にもかかわらず、抜群の快晴の中での森林整備活動の始まりです。最初は、参加者案内の「ひょうご森の倶楽部」の旗を活動地の入口に建てます、次は参加者の駐車場確保の為の草刈り開始、この季節は活動前の準備が大変です。

セカンドステージ

 2月前に整備した駐車場横の「嶽ケ端」の岩山、シブトイ若竹達が初夏の陽気に誘われて目を出し・一気に育ち、折角の倶楽部員と里人の森林整備をあざ笑うように蔓延っています。ここは、誉田小学校のウォークラリーの準備活動が急がれるものの、このまま捨て置くのも見苦しいまで、総員かがりで一気に除伐を行い、少々トラガリ気味ではあるものの嶽ケ端の男前を回復し、主活動に移動。

誉田小学校ウォークラリーの準備

 6月23日に地元「誉田小学校」のウォークラリーが開催されます。今回は当倶楽部の活動地「たつの市上福田の笹山」に登られるとの事。道程は県道423項沿いの「沖縄慰霊塔の道標」から揖龍の沖縄戦犠牲者を慰霊する「沖縄慰霊塔」に至るラインとの事で、倶楽部の参加者揃って小学生達に安全に里山を楽しんで頂こうと元気一杯森の整備に頑張りました。
 まず最初に、小学生達が辿る散策道の整備、落ち葉が積み重なり滑りやすくなっていましたので、綺麗にかき集めて取り除きました。
 木々が茂りすぎて薄暗く風が通らない不健康に成っていた参道上の森の間伐を行い、明るく日が差し風が通る健康な森に戻していきます、生物多様性・水源涵養性に富み、防災・減災に役立つ災害に強い美しい森に変わっていきます。
 子供達の大好きなカブトムシとかクワガタも増えてくるでしょう。
今回、初めて使用した「ローププーラー」が、少人数での安全作業のも役立ちました。

沖縄慰霊塔のお化粧直し

 慰霊塔の上にまで生えた草木を倶楽部員が登って伐採し、お化粧直しが完了。
子供達の訪問を気持ちよく待ちます。

慰霊塔前の整備

 慰霊塔前の樹のお行儀の悪い枝を、除伐木を加工したハシゴで登り剪定、蘇鉄の葉も綺麗に剪定、最後は上福田の人達のウォークラリーの直前の草刈りにお任せして作業完了。

 6月のたつの市福田の生き物達

 招かれざる客、「マムシ」様の登場により今日の活動が始まりました、目と耳を続いて私達の心を和ませてくれる福田の生き物達に今日も感謝。「マムシ」様も大切な森の生物の多様性の一端を担っている事も肝に銘じて。

来月の活動予定

 7月1日(日)の9時30分より15時00分の予定で森林整備活動を行います。
活動場所は少し東に移動した沖縄慰霊塔東部の除伐作業中心の活動です。
 集合場所は、嶽ケ端下のたつの市福田第2駐車場です。県道423号線からの進入場所には目印に「ひょうご森の倶楽部」の旗を立てます。
※「ヤマモモ」が実る頃です、展望台周辺には沢山のヤマモモの木が有りますので、
  直接食べるもよし、ジャムにするも良しで沢山集めて楽しみましょう。