たつの市福田活動地 10月の活動

東部活動地・尾根筋の森林整備

活動日時    2018年10月7日(日) 9:30~15:00
参加者   森の倶楽部員7名
天候   晴れ

早朝の活動地と活動準備

 台風の影響により、実施さえ危ぶまれた10月の森林整備活動。参加者の祈りが届いたのかあまり暑くもならない晴天に恵まれ、まずまずの活動日和でした。
 森は今年の猛暑のせいもあってか、まだ紅葉も始まっておらず静かにたたずんでいます、台風による被害も、倒木も無く小枝が折れて落ちている程度で良かったです。
 活動始めは、本日の安全で快適な活動を完遂する為の機材準備です。刈払機・チェーンソーには燃料と潤滑油等を充填し、1台1台エンジンを指導させて振動・異音等が無いかチェックします、動力機以外も合わせて安全チェック。
 引き続いて、活動開始前の作業ミーティングと安全打ち合わせです。
「マダニは、SFTS(重症熱性血小板減少症候群)の感染が言われてきましたが、「日本紅斑熱」も要注意」との情報が有り。本活動地では鹿の活動が活発で、地元の自治会でも要注意との事なので、参加者に注意を促し、最後に参加者自身の体の安全の為に準備運動を行い活動を開始しました。

獣害

 鹿が媒介するダニによる感染症以外にも、活動地内では獣害がひどくなっています。始めは椎茸のホダギ、もうすぐ収穫出来るかと見に行ったところ無茶苦茶にイノシシに壊されていました、来月の活動時には修理をしなければなりません。
 更に木々の樹皮が鹿に食べられ、酷い木は背の高さまで丸裸にされています。可哀そうなリョウブは真っ赤になって怒っているようです、暫くすると立ち枯れてしまうものと思われます。

森林整備活動

 活動地の山頂部手前の散策道沿いに広がる草地に、ターザンブランコを設置して訪れる人達に楽しんで頂こうとしていますが、この地を風と光が通る清々しい休息ポイントとする為に、下草刈りと除伐を行いました。広場の横には子供達が作ったと思われる竪穴式住居のような「森の秘密基地」も有りました。

森林整備の最高のひと時

 広場のクマザサも刈払が完了して綺麗になり、広場周辺の木々の除伐も終わりました。
ひと汗かいた後の親しい仲間との森の中でのお昼ご飯、安全快適に活動を終えた充足感に満たされた活動終了後の集合写真。
 散策された方々が楽しまれたターザンブランコと共に1ショット。

今日の一日、お疲れ様でした。

※この広場を、「円勝寺跡広場」と名付けます。

来月の活動予定

 11月4日(日)の9時30分より15時00分の予定で森林整備活動を行います。
活動場所は東部活動地で、「円勝寺跡広場」の除伐です。
 集合場所は、病院裏の「たつの市福田東部活動地」駐車場です。県道423号線からの進入場所には目印に「ひょうご森の倶楽部」の旗を立てます。