多可町中区奥中活動地 3月の活動

竹炭の窯出しと小丸山の手入れ

活動状況

活動日時 2018年3月25日(日) 9:50~14:50
参加者 13名 (会員13名)
天候 晴れ

竹炭窯出し
 先月の活動で炭焼きをした竹炭をいよいよ取り出します。密封した焚口の土を壊し、煉瓦を外すと窯の中は灰だらけで一瞬全部燃えてしまったかと思われましたが、M.K.氏が防塵マスクと防護服のようなツナギを着て窯の中に入り、灰の中から次々と立派な竹炭を取り出しました。
 120ℓポリバケツに一杯溜まった竹酢液は地元会員のH.A.氏が家に持ち帰り濾過して下さり、希望者は2ℓペットボトルでお裾分けをいただきました。竹酢液の大部分は道の駅で販売し、奥中むらづくり協議会の収入として窯解体費用に充てるとのこと。
 また先週雨が多かったせいか窯裏のホダ木から大量の椎茸を採集しました。

小丸山の手入れ
 竹炭出し作業は10時半頃には終了し、あとは「花見」がてら小丸山の手入れをしました。日中は気温も上がり快適な陽気となりました。ヤマザクラの蕾はまだ固かったのですが数本ある「河津桜」は少し葉桜になりかけたものの可憐なピンクの花を楽しむことができました。サルトリイバラや木苺類の棘に悩まされつつ、ソヨゴなどの萌芽や枯れたススキ類の除去を行ないました。チェーンソー1台(K.T.氏)と刈払機1台(S.A.氏)も活躍しました。
 2時半には作業を終え、各自思い思いに椎茸、竹炭や灰などを持ち帰りました。

次回の活動予定

次回4月の活動は4月22日(日)です。小丸山の手入れの続きを行います。
また翌々月5月の第4日曜日は当倶楽部の定期総会の日に当たりますので活動日を5月26日(土)に変更いたします。