多可町中区奥中活動地 6月の活動

ログハウス前と小丸山遊歩道の整備

活動状況

活動日時 2018年6月24日(日) 10:00~15:00
参加者 13名(会員 13名)
天候 晴れ

 心配していた天気も梅雨の晴れ間の夏日となり大いに汗をかくこととなりました。

 奥中では、毎年7月第1土曜日に「稲の虫送り」という行事が行われます。今年も2週間後に控え、本日は早朝から地元有志の方がメイン会場の児童公園の草刈りをしておられました。観音寺参道の両脇には虫送りの幟が立てられ、満開のアジサイの花と相まって奥中に夏が来たことを感じました。

 本日の作業は、先月に引き続き刈払機による下刈りを広範囲に行いました。特にログハウス前はS.A氏指揮のもと徹底した除伐が行われすっきりしました。風通しが良くなったせいか汗ばんだ体に涼風が心地よかったです。また、併せて小丸山の遊歩道周辺の下刈りも行いました。

次回の活動予定と「稲の虫送り」のご案内

次回の活動は7月22日(日)の予定です。小丸山頂上や湿地周辺の下刈りと除間伐を行なう予定です。

「稲の虫送り」行事とは

 稲の豊作を願い害虫駆除を目的とした伝統行事であり、一時途絶えていましたが、約20年前に復活されました。奥中観音の森の児童公園を出発し子どもからお年寄りまでたくさんの人が松明に火を灯して列を作り、「実盛(さねもり)さんは御上洛、稲の虫はお供せい」と大きな声で田んぼの間を練り歩きます。 
 掛け声・鐘の音・太鼓の響きに乗せて松明の火が田と田の間をゆっくりと流れていく様は、日が沈み辺りが暗くなるにつれて、より一層幻想的になります。こちらは昨年の様子です。
 今年は7月7日(土)に行なわれます。ひょうご森の倶楽部の会員の方で午後2時から松明づくりのお手伝いをしていただける方は奥中代表リーダー瀬端(michi8.sbt-5610@nifty.com)までご連絡下さい。夕食としてまぜごはんやカレーなどが戴けます。