多可町中区奥中活動地 9月の活動

ログハウスと湿地の間の除伐 その2

活動状況

活動日時 2018年9月23日(日) 10:00~15:00
参加者 11名(会員11名)
天候 晴れ のち 曇り
   

山田錦の穂は頭(こうべ)を垂れ、彼岸花やコスモスが咲いて奥中の里に秋が訪れました。
このところ雨が多いなか秋雨前線が南に下がって活動日和となり、参加者の数も戻ってきました。
M.K.さんも筆者(S.I.)もなんと5か月ぶりです。
先月に引き続きログハウスから湿地へいく斜面の除伐を行い、ソヨゴなどの常緑樹はもちろん、コナラも間引いてすっきりした林になりつつあります。湿地では秋の七草フジバカマも咲いていました。
午前、午後とも同じ作業でしたが、風がなく汗が乾きにくかったで、休憩や水分補給はたっぷりと心がけました。適度な労働のあとO.K.さんの農園からの栗、ミニトマト、S.M.さんの畑からの鳴門金時、ゴーヤ、ナス、ツルムラサキ、南京などをいただき帰途につきました。

次回の活動予定

次回の活動予定は10月28日(日)です。地元会員のH.A.さんの庭の柿が熟していたら柿狩りが期待できそうです。またM.K.さんの得意わざで児童公園の壊れた看板の補修も予定しています。メインの活動は先月から今月に行った除伐の続きを行う予定です。