川西市黒川活動地 1月の活動

猪名川町内馬場民田除草・間伐

日 時 :2018年1月13日(土)9:00~15:00
天 気 :晴
参加者 :会員 7名

1.活動状況
 朝は大変冷え込み活動出来るか心配しましたが、日中は風もなく比較的穏やかでした。とは云え、まだ1月。じっとしていたら、うす寒くなるため昼食時以外休憩をほとんど取らない1日でした。
 活動は前回に引き続き内馬場の山麓傾斜地に育む「台場クヌギ」周辺にある笹・雑木や蔦の除伐です。
 山麓傾斜地裾の谷には、蔓と笹等が覆いかぶさって人が乗っても大丈夫なハンモックのようになっています。これら笹や蔦等を刈払機等除伐する者と手刈りする者と別れて除去しました。
 このような広く鬱蒼とした場所でしたが除伐が進み「台場クヌギ」根元も現れ、すっきりして明るくなり見違えるほど綺麗になりました。
 手刈りで作業者は、笹に覆われた下に生物や植物が芽を出していないか調査をしてくれました。結果、傾斜地の陽だまりにソヨゴ?(赤い実を点けた苗)や柊の苗を発見しました。植物は春を待って育んでいます。(自然の力でしょうか…)
 又、イノシシやシカと思われる牙のついた顎や頭蓋骨の白骨も発見しました。(これも自然界の掟でしょう。)

除伐前

 

除伐中

 

除伐後

2.その他
 この一帯は、絶滅危惧の野生の桜「エドヒガン」が多くあり3月下旬~4月には開花します。大変美しいです。
 環境省「里山里地」に選ばれ、日本一の里山といわれる黒川にお越しください。

3.今後の予定
1 2/12(月・祝)生物多様性ふるさと川西シンポジュウム (於 アステ川西)

2 3/7(水) 淡路景観園芸学校 黒川(徳林寺付近)で除伐実習の補助

3 3/11(日) 全国サーフキャスティング連盟兵庫協会
         「釣り人の森づくり」 植樹の保護