加古川市弁財天山活動地 11月の活動

午前中は小春日和の山作業、昼からは弁財天山ツアールートの下見

活動日:平成30年11月17日(土)
参加者:5名
天 候:晴れのち曇り

 週間天気予報によると17日(土)は曇りのち雨。昨年11月の活動が雨で中止になったことが頭をよぎり、てるてる坊主を作りました。丸めたティッシュペーパーをサランラップで包んで作ったてるてる坊主はレインコートを着ているようで逆効果?。しかし、願掛けが効いたのか、当日の降水確率は10%/20%。それに、活動開始時の気温は19℃と暖かく、小春日和、活動日和になりました。
暖かい活動日和(幟の背景が弁財天山)

暖かい活動日和(幟の背景が弁財天山)

 朝のミーティングでは、先月の活動地事故の概要を報告。「けがと弁当は自分持ち」を再認識して「安全心得」を読み合わせ、準備体操後、先月同様に標高約80mのC活動地に移動しました。
 作業はC活動地休憩場所からC活動地鉄塔までの間で、いつものように、それぞれ思い思いの場所で除伐、羊歯刈り等を始めました。ところが、今まで気付かなかったのですが、鉄塔近くの斜面で、電信柱よりも太いコナラと15cm位のソヨゴ、それと幾本かの木が固まって倒れ、地面が丸ごとめくれて岩肌が露出していました。9月4日に神戸・大阪を直撃した台風21号が原因だったかもしれません。大規模な倒木が見つかった後は、全員が集結して状況を確認、倒木処理を行いましたが、大規模でかつ大木のため、残りは来月の活動に回すことにしました。昼休みの気温は20℃、汗をかいた分、風を冷たく感じます。

除伐

除伐

大規模な倒木に集結

大規模な倒木に集結

倒木処理①

倒木処理①

倒木処理②

倒木処理②

倒木処理③

倒木処理③

昼の集合

昼の集合

 午後は、先月の活動で「弁財天山ツアールートを初めての者でも迷わないよう整備してはどうか。」と提案がありましたので、午前中の大規模倒木のこともあり、下見を兼ねてツアーをしました。第1ビューポイントから第5ビューポイント、それぞれのポイントで眺めながら体を休め、それから権現湖周回路に出て、ユリノキが黄葉した「20周年記念の森」で少し休んで、また山に入り、活動地Dを経て活動地C休憩場所に戻る2時間のコースでした。

 大規模な倒木はありませんでしたが、それでも倒木はあり、道を塞ぐ倒木は片付けながら、また羊歯が伸びて道がわからなくなっている箇所は、羊歯刈りしながら進みました。去年の6月、7月に設置したビューポイントと活動地の標識は、ペイントが薄くなっているものがありましたが、倒れたものはなく健在でした。雲が段々と広がり、終了時は濃い雲になって気温は17℃。風が冷たく、低気圧が近づいている気配でした。
第2ビューポイント

第2ビューポイント

 今月の自然:マンリョウの赤い実、ナツハゼの熟れた黒い実(優しい酸っぱさでした)、10株以上は生えていたコクラン、季節外れのモチツツジとコバノミツバツツジの花、先月覚えた黄緑色のウスタビガの繭、それに洗面台の大きさぐらいの猪の水浴び場。蹄の跡もありました。

マンリョウの実

マンリョウの実

ナツハゼの実

ナツハゼの実

コクラン

コクラン

モチツツジの花

モチツツジの花

猪の水浴び場

猪の水浴び場

 12月の活動日は15日(土)。今年最後の活動日で、活動地Cの除伐と下刈り、大規模倒木の伐採を予定しています。それと、弁財天山ツアールートの整備にも着手できればいいなあ~と思います。少し寒さが増すと思いますが、山の活動を楽しみましょう。皆さんの参加をお待ちしています。