加古川市志方町行常活動地 12月の活動

「行常の森」便り

活動状況

活 動 日 時  2018年12月16日(日) 9:30~14:30
参  加  者  29名(うち初参加者=1名)
天     候  晴れのち曇り14:30頃から小雨
活 動 データ  竹林整備=300㎡ 道作り=50m アベマキ伐倒 4本

朝のミーティングは焚き火を囲んで

 師走・08:00AM の外気温は 0℃。アベマキの薪は赤かと燃え、先日更新したドラム缶製のストーブを囲んで仲間の頬は火照り、あれやこれやと話に花が咲きました。元気な若者・藤原さんが初参加しました。

伐竹のチッピングは快調

 レンタルの新品チッパー君はカッターの食いつきも良く、チッピングは快調に進みました。「愛宕さん」や「地蔵さん」の近くに積み上げた多量の伐竹や樹木をチップにしました。「愛宕さん(火の守り神様)」の周囲は竹や樹木が伐られて広く、明るく整備されました。新年 2 月には地元の皆さんが火を焚いて、山の安全を祈願します。
地蔵さん

地蔵さん

チッピング

チッピング

「ご来光」に備え登山道の手入れ

登山道修理

登山道修理

登山道で集合写真

登山道で集合写真

 新年元旦に標高145mの「中の山」で里人と街人が「ご来光」を拝し、万歳三唱をします。「行常の森」を整備して以来 12 回目になります。ただ、登山路のステップ部分はシシ君達の獲物探し(ミミズ?)の標的になり、ほじくり返されて無惨です。ステップの横木をリセットし、杭を打ち込んで延長約 50mを修理しました。

アベマキ伐倒4本、シイタケ植菌用原木つくり

 原木シイタケは里人にも街人にもたいへん人気のある「森の恵み」の一つです。里人と街人共同でアベマキ 4 本を伐倒し 1.2m長の原木 30 本ほどに玉切りしました。地元名人の概略の目算によると約6,000 個植菌可能のようで 2 月頃に植菌し 2 年後以降の収穫を目指します。
「塩味の効いた熱い焼シイタケを肴に美味しいビール」を思い浮かべるとつい生ツバが出ますね!

30本ほどの原木

アベマキ玉切り

アベマキ玉切り

キンカン収穫、キウイのオセッタイ

キンカン

キウイ収穫

キウイ収穫

 竹を皆伐し、3~4 年前に「風穴」林地に植樹したキンカンの初収穫をしました。小粒ですが甘く、酸味があって
「初恋の味」でした。地元の皆さんからは多数のキウイとキンカンをいただきありがとうございました。

皆さま 良いお年をお迎えください。
新年もどうぞよろしくお願いします。

新年1月の活動予定 2019年1月1日(火)ご来光、9日(水)、20日(日)、23日(水)