神戸市太子の森活動地 10月の活動

半年ぶりの太子の森の活動

活動日:2018年10月14日(日) 10:00~14:30(昼休み:30分)
参加者:会員8名(うち1名午前のみ)、 会員外1名(兵庫県立大生)、  計9名
天 候:晴れ時々曇り

活動内容:

・今日の太子の森は、時おり雲は広がるもののさわやかな秋晴れのもと、絶好の活動日和に恵まれました。太子の森の活動は、前回の4月以降5か月間は悪天候や盆休みなどで中止が続き、今日は半年ぶりの活動になりました。常連の倶楽部会員8名に、兵庫県立大生1名の体験参加があり、計9名のメンバーが集まりました。
・今日は朝のミーティングで、ボランティア部会からの情報に基づき、最近六甲山周辺でもマダニが媒介する病気の被害が広がっているため、注意をするよう要請しました。
・今日の活動は、まず昨年3月にご下賜金植樹をしたイロハモミジの周囲が、この半年の間に雑草や雑木の幼木などが生い茂っていたため、全員でその処理をしました。雑草などでうっそうとしていたイロハモミジの周りが、見違えるようにすっきりとなりました。
・その後、「小鳥の水浴場」周辺に移動して、午前中はこの夏に繰り返しやって来た豪雨や台風などの自然災害による風倒木や落下枝などの処理をしたほか、遊歩道や道端の溝を埋めた土を除去する作業などをしました。
・午後は、常緑樹や枯損木の除伐などに取り組みました。大学生の初心者には、経験豊かなKさんがマンツーマンで安全な作業や除伐の手順などについて指導をしました。
・午後の作業中に、子ども1匹を連れた大きなイノシシが出現しました。最初に気づいたメンバーが他の全員に注意を喚起し、進行方向のメンバーが避難して無事にやり過ごしましたが、昼間から人を恐れず堂々と通っていく姿に驚きました。
・昼休みを30分に短縮して午後の作業を開始し、定刻より早く14時30分ごろにケガなどの事故もなく無事に活動を終え、集合写真を撮って下山しました。

※ 次回の太子の森の活動は11月11日(日)の予定です。秋も深まり、太子の森の紅葉も色づき始めていると思います。たくさんの皆様の参加をお待ちしています。

雑草や雑木でうっそうとしたイロハモミジ周囲

全員で雑草・雑木の除去作業

除去作業後のすっきりしたイロハモミジ

風倒木の処理

落下枝の処理(その1)

落下枝の処理(その2)

遊歩道の整備作業

常緑樹の除伐作業

昼食風景

活動後の集合写真

<本日の生物多様性>

 野鳥では、活動中にキツツキのドラミングが聞こえましたが、姿は確認できませんでした。昆虫では、除伐作業中に緑色のハラビロカマキリが姿を見せました。植物では、ヤブコウジの実が赤く色づき始めていました。

ハラビロカマキリ

ヤブコウジ