神戸市君影小学校学校林活動地 8月の活動

活動日   平成29年8月19日(土)
天候   晴れ
参加者   会員:7名

炎天下 除伐 下刈り 道づくり 水分補給し こまめな休憩

本日は、誠に暑い日でした。目もくらむような暑さの中で7名のメンバーが参加し、校庭南側斜面の下刈り、学校林内の常緑樹の除伐、遊歩道整備などそれぞれの分野で取り組みました。
猛暑のなかでの作業でしたので、熱中症予防のために、こまめに休憩をとり、昼食後もゆっくり休憩し、2時半に活動を終了し休憩をしてから帰宅の途につきました。無事に帰宅してこそ、ボランティア活動です。
各メンバーが決して急ぐことなく、安全、着実に作業を進めていきました。

休憩、給水、蛇など注意。作業分担確認。

 

下刈り開始

尾根筋整理作業

         作業道つくり

作業前(作業後、写真撮影を失念しました。)

     ジャングル内の伐倒後処理

手作業による整備

 

手作業による整備成果

9月の活動予定

9月の活動日は、9月16日(土)です。少しは涼しくなっていることを期待しています。
来年3月の桜植樹に向け、少しずつ道を作りながら伐開を進めています。整備の進捗が実感できる活動地です。皆様のご参加をお待ちしています。

<本日の生物多様性>

 今日の君影小学校は、真夏の暑さ(神戸の最高気温:33.4℃)の中での活動でした。学校林では、昆虫が色々と姿を見せてくれました。真っ赤なオスと黄色いメスのショウジョウトンボや、草むらを飛びまわるジャノメチョウ、盛んに鳴いていたミンミンゼミやアブラゼミなどが観察できました。夏も終わりに近づき、ツクツクボウシの声もあちこちから聞こえましたが、撮影はできませんでした。アジサイの葉にアシナガバチが飛んできたと思ってよく見たら、ヨツスジトラカミキリでした。ハチに姿を似せて身を守っているそうです。
 学校林の木に野鳥の巣箱が掛けられていました。野鳥が子育てをしたかどうか様子を見るためにふたを開いてみたら巣材が残っていましたが、驚いたことに中にヤモリも入っていました。ちゃっかりと間借りをしているようです。
 植物では、あまり目立った花は見かけませんでしたが、校庭南の斜面の草むらに薄紫のヒメヤブランや黄色いキンミズヒキの花が、ひっそりと咲いていました。

ショウジョウトンボのオス

 

ショウジョウトンボのメス

 

ジャノメチョウ

ミンミンゼミ

 

アブラゼミ

 

ヨツスジトラカミキリ

巣箱の中のヤモリ

 

ヒメヤブランの花

 

キンミズヒキの花