神戸市君影小学校学校林活動地 6月の活動

体験参加の大学生も交えて梅雨晴れの活動

活動日時:2018年6月16日(土) 10:00~15:00
参 加 者 :倶楽部会員6名、会員外1名(体験参加大学生)、計7名
天  候:晴れ

<活動内容>
 今日の君影小学校林活動地は、梅雨の中休みの晴れ間が広がり、好天に恵まれて快適な活動日和になりました。
 今日は、常連の活動メンバー6名に、森林ボランティア活動の体験に来ていただいた大学生1名を含め、7名の参加者が集まりました。参加いただいた大学生は、人間福祉課程を専攻する1年生で、インターネットで当倶楽部の活動に興味を待たれたのが、参加の動機とのことです。
 朝10時にミーティングとストレッチ体操の後、刈払い機による草刈りと常緑樹の除伐、皆伐した斜面の片付け整備の作業に分かれて活動しました。大学生の参加者には、除伐作業の方法を説明した後、実際の作業に取り組んでいただきました。活動後に、今日の感想をお願いしたら、「いろいろと教えていただき、楽しかったです」とのことでした。

<お土産>
 校庭南の斜面には、ウメの木が何本も植えられています。今日は、ウメの実がちょうど収穫時期になっていました。昼休みに参加メンバーで収穫して分け合い、今日のお土産として持ち帰りました。

180616 君影-01

朝のミーティング

180616 君影-02

大学生に除伐作業の説明

180616 君影-03

除伐作業に取り組む大学生

180616 君影-04

刈払い機による草刈り作業

180616 君影-05

常緑樹の除伐作業

180616 君影-06

皆伐地の片付け整備作業

180616 君影-07

きれいに片付いた皆伐斜面

180616 君影-08

たくさん実っていたウメの実

180616 君影-09

ウメの実の収穫

収穫したウメの実(一人分)

<今日の生物多様性>
 今日の君影小学校林は、一日中ホトトギスやキビタキ、ウグイス、ホオジロなどのさえずりが楽しめましたが、姿を確認することはできませんでした。その中で、これまで見たことのないカラフルな鳥が姿を見せました。写真に撮って後で確認したら、ソウシチョウという外来種でした。特定外来種に指定されていて、繁殖地を広げているようです。
 昆虫では、テングチョウ、ヒオドシチョウ、スジグロシロチョウ、ナミアゲハなどのチョウのなかまが姿を見せ、アオマダラタマムシという宝石のようなコウチュウのなかまを大学生が見つけました。
 植物ではオカトラノオが、白い花を咲かせていました。
 その他の生き物では、校庭横の谷間にモリアオガエルの卵塊を確認しました。

180616 君影-11

ソウシチョウ

180616 君影-12

テングチョウ

180616 君影-13

ヒオドシチョウ

180616 君影-14

スジグロチョウ

180616 君影-15

ナミアゲハ

180616 君影-16

アオマダラタマムシ

180616 君影-17

オカトラノオの花

180616 君影-18

モリアオガエルの卵塊