尼崎AMPIの「森の木工教室」を支援しました

今年もたくさんのちびっ子が参加しての「森の木工教室」

実施日時:2017年7月27日(木)~28日(金) 各9:30~15:00
行事名称:AMPI「森の木工教室」
開催場所:尼崎市道意町 近畿高エネルギー加工技術研究所
参 加 者:一般参加者 7月27日(木) 午前14名、午後15名 計29名
           7月28日(金) 午前12名、午後34名 計46名  合計75名
     スタッフ 両日とも8名
天 候 :晴れ時々曇り(猛暑)

実施内容:

・今年も、近畿高エネルギー加工技術研究所(通称AMPI)からの要請で、2日間にわたり「森の木工教室(もっこう会)」を開催しました。地元の市民の皆様にも、すっかりおなじみの夏休みの行事として定着しており、今年もちびっ子を中心とした親子連れがそれぞれの作品作りに挑戦してくれました。
・この「木工教室」には、今年もひょうご森の倶楽部から木工細工と葉脈標本作りを出展しました。また、AMPIの皆さんは「ウグイス笛」作りと「真空実験」を出展されました。
・今年は、1日目が29名、2日目が46名と参加者数にムラがあり、特に2日目は午前中が12名で午後は34名と極端な差がありましたが、いつものことながら作品作りに一生懸命に取り組んでいるちびっ子の姿が見られました。中には、子供をそっちのけで、自分の作品作りに夢中になるお母さんもいました。
・森の倶楽部からは1日目、2日目ともに8名がスタッフとして参加して、作品作りをサポートしました。

木工教室開催前のAMPIの挨拶

 

木工教室の風景(その1)

木工教室の風景(その2)

 

ウグイス笛作りをするちびっ子たち

葉脈標本作りに取り組むちびっ子たち

 

作品を手にうれしそうなちびっ子

今回の作品の数々

 

今回の作品のひとつ