森林ボランティア講座 入門編 4回目・リーダー養成編 6回目(最終回)

人工林の間伐と植栽の実技研修、救急救命講習など

日 時 :2017年10月14日(土)10:00~10月15日(日)15:00  一泊二日
場 所 :エーデルささゆり、同施設周辺の森(多可町八千代区)
天 気 :14日-曇り、15日-雨
参加者 :受講者 入門編 39名、リーダー養成編 14日 4名、15日 5名
 スタッフ 14日 20名(県 2名、ひょうご森の倶楽部 18名)
      15日 15名(県 2名、ひょうご森の倶楽部 13名)

今年度の森林ボランティア講座の最終のプログラムを、10月14日(土)~15日(日)の一泊二日の日程で実施しました。
当倶楽部は、両日で延べ31人が講座の運営と各プログラムの講義、実技指導に当たりました。

今年度は、入門編は延べ5日間、リーダー養成編は延べ7日間の講座を開催し、それぞれ35人と4人が全課程を修了されましたが、これらの方々が実践活動に参加され、また各団体等でリーダーとして活躍されることが期待されます。

【10月14日(土)研修】
入門編は、人工林の間伐作業の実技研修と救急救命講習を行いました。またリーダー養成編受講者は入門編受講者の実技研修の指導の研修とグループワークによりリーダーの役割を確認しました。

間伐作業の事前講義   実習要領説明
 実技研修に先立って間伐作業について講義    研修の要領・注意事項を説明
伐倒実習   伐倒実習
 リーダー養成編受講者が入門編受講者を指導   伐採とロープ引きを交替しながら全員が伐倒を研修
救急救命講習   グループワーク
 入門編受講者はAEDを使った救急救命講習    リーダー養成編受講者のグループワーク

【10月14日(土)交流会】
夜は交流会です。丸太コンロや竹灯りを囲み、地元(多可町)の食材と飲み物をいただきながら、これまでの研修の感想やそれぞれの活動紹介に話が弾みました。

交流会   交流会
 当倶楽部のスタッフも参加    丸太コンロと竹灯りは今年も好評

【10月15日(日)研修】
最後の実技研修は、入門編とリーダー養成編とも植栽です。あいにく雨降りとなりましたが、大きな降りにはならず、かえって植えた苗木にはよかったかもしれません。
実技研修の後は、入門編は獣害対策について講義で研修を、リーダー養成編は前日のグループワークの続きを行いました。また、最後のプログラムは、地元多可町の戸田町長から、同町の森林を活かす取り組みなどをお話ししていただきました。

植栽実習1   植栽実習2
地元(多可町中野間地区)の要望で全数(52本)イロハモミジを植えました    鹿の食害に備えてサプリガードを設置
獣害講義   地域講座
 森林動物研修センターによる獣害対策の講義    戸田町長による「いなかのステキ学」と題した講義

【10月15日(日)修了式】
今年度の全課程を終了した受講者に、兵庫県豊かな森づくり課長から兵庫県知事名の修了証と記念ヘルメットが授与されました。

修了式(入門編)    修了式(リーダー編)
 修了証と記念のヘルメット授与(入門編)    同左(リーダー養成編)

入門編、リーダー養成編の修了証と記念のヘルメットです。
リーダー養成編の修了証は「ヒノキの紙」製です(写真をクリックしてご覧ください)。
入門編のヘルメットには「親林隊」、リーダー養成編のヘルメットには「森林ボランティアリーダー」のほか、左側に「育林隊」の名称が入っています。

修了記念ヘルメット(入門編) 修了記念ヘルメット(リーダー編)
 入門編修了証とヘルメット  リーダー養成編修了証とヘルメット