多可町中区奥中活動地 10月の活動

公園の看板補修とログハウス付近の間伐

活動状況

活動日時 2018年10月28日(日) 10:00~15:00
参加者 12名(会員10名、一般(体験)2名)
天候 晴れ

爽やかな秋晴れとなりました。今日は偶然にも2人の体験参加がありました。三木市の女性(60代)と小野市の男性(20代)です。奥中の備品のヘルメット、手鋸、鉈を貸与し、女性はリーダーのK.N.氏、男性は筆者(S.I.)に付いて一連の間伐作業(伐倒した木の枝払いや小径木の伐倒など)を体験していただきました。お二人には「森林ボランティア活動へのお誘い」リーフレットを渡し、他の活動地への参加や当倶楽部への入会を勧めました。
一方、地元協議会から予てより依頼されていた奥中児童公園の里山再生宣言の看板(脚部分が腐って倒れれていた)の修復についてリーダーのM.K.氏が設計図を書いて、以前皮むきをした檜材を使ってM.K.氏の陣頭指揮の下、計4名が作業チームとなり、見事完成させました。ホゾを掘って繋ぐという高度な(?)工法です。柱の表面をバーナーで焼くという念の入れよう。行常のリーダー3名が慣れない手つきで鑿(のみ)を振るいました。
また間伐チームは体験参加2名を含め7人。S.M.氏と久々に参加のY.I.氏の2台のチェーンソーでコナラ、ソヨゴを中心に伐倒し、明るい林になりました。
また期待していた柿狩りは台風で実が落ちてしまい中止。また来年ということになりました。

次回の活動予定

次回の活動予定は11月25日(日)です。間伐の続きをやります。紅葉が美しいことを期待します。